ライパック・テクノロジー社(Laipac Technology, Incは、カナダの起業家マリア・C・パチーニ(Maria C. Pacini)とディエゴ・ライ(Diego Lai)によって1999年に設立されました。 ライパックのビジョンは、創業時からシンプルです。市場で最高の、最も信頼性が高く、最も使い易いGPSアセットトラッカーとジオロケーターを製造し、顧客に安心感を提供することです。

今日、ライパック・テクノロジーは、GPSトラッキングの分野において業界を牽引するリーディングカンパニーに成長し、リアルタイム・アセットトラッカーやモニタリングのサービスおよび製品によって、現在急成長しているIoT(モノのインターネット)の分野に進出しています。

しかし、ビジョンは創業時から変わっていません。 ライパック・テクノロジーでは、何よりもお客様を念頭に置き、サービス、製品の構築に努めています。

顧客中心主義

ATM、建設機械、船舶、高額機器など、お客様の最も高価な固定有形資産の追跡を私たちにお任せいただいけるなら、あるいはまた、お客様の大切な人を守る位置情報追跡サービスに、高齢者やアルツハイマーの介護向けに専門に開発した当社モバイルヘルスケア製品をお使いいただけるならば、私たちはお客様のニーズこそを第一に考えます。

私たちが成功してきたひとつの理由、それは常に革新を目指してきたことにあります。ライパック・テクノロジーが見据えているのは未来です。だからこそ、私たちはロケーション・ナウLocationNow Incを開発しました。これにより、モバイルデバイスやウェブブラウザ上で、簡単かつ直感的にウェブベースでGPSデバイスのモニタリングが可能になったのです。しかし、もちろん私たちはここで止まるわけではありません。

イノベーション

イノベーションとは、単により高度な技術の開発という意味では必ずしもありません。正確かつ適切な技術を開発してこそ、イノベーションといえます。ライパックは、最先端のGPSソリューション開発に取り組む高い技術力を誇っていますが(2016年に複数のハイテク特許出願を申請)、技術的なイノベーションだけでは成功できないと考えています。

トラッキングにおける各部門のニーズは異なります。そこでライパックは、資産追跡からセキュリティ担当者、ローンワーカーまで、それぞれのニーズに応える完璧なGPSモニタリング・ソリューションを作り出すことに専念しています。 全てのニーズに対応できる「完璧な」ソリューションはありません。 ライパックはこの問題に、特定の産業のニーズに的確に応える個別製品を複数作り上げることによって対応しています。

私たちの使命

私たちが掲げる使命はシンプルです。私たちは日々、最高で最も革新的なソリューションをクライアントや顧客に提供したいと考えています。そして、生活の質の向上、あるいは人々や貴重な資産の保護に貢献し、私たちの最新テクノロジーによって追跡されるすべての物の安全と安心を確保することを目指しています。

私たちの成長の原動力となってきたのはこの精神です。自らを改善し、安全で、よりしっかりと保護された未来を目指す情熱が、私たちを成功に導いてきました。ライパックは数々のビジネス・アワードやノミネートを受賞してきましたが、私たちはけっして自分たちの道を見失うことはありません。

私たちのビジネスの成功よりも、顧客の成功こそが第一だ、と私たちは考えています。何百万ドルの利益を上げるかほとんど利益がないかにかかわらず、私たちは常に、お客様のGPS追跡のニーズがしっかりと満たされることを保証することに専念します。 あなたが追跡する物や人がどれほど貴重な資産であっても、当社製品こそが、最も高い安全性、信頼性、耐久性があり、なおかつ市場で手頃な価格であること。

それが私たちの約束であり、使命です。

Laipacの歩み

1999年
  • Maria Cristina PaciniとDiego Laiが$ 10,000で設立
2000年
  • ブラジル、サンパウロのTelexpoで初めてトレードショーに参加
  • ・シーメンス・ブラジルと最初の設計契約
2001年
  • ブラジルのトップ通信会社と発信者番号通知電話の設計契約
  • OEM顧客を対象とした第一世代SiRF | GPSモジュールを発売
2002年
  • OEMアプリケーション向けの周波数315〜344MHz短距離送受信機を発売
  • 米国セキュリティ・マイアミ、トロント・エキスポCommに初出展
  • TDMAテクノロジーを搭載した最初のAVLデバイスを発売
2003年
  • 事務所移転
  • スペイン、ジローナにライパック・ヨーロッパオフィス開設
  • Sandia Lab, Alamo Lab、米国軍のクライアントにTF50、GNSS GLONASS&GPSデュアルモジュールを発売
  • 携帯用G10およびG30 GPS受信機の発売
2004年
  • 台中にライパック・台湾オフィス開設
  • G30Lデータロガー発売
  • 第1世代AVLデバイス「Starfinder AVL」発売
  • OEM顧客向けSiRF II GPSモジュールを発売
2005年
  • 最初のGPS / GSM / GPRSウェアラブルデバイスとなるS911パーソナルロケーターを発売
  • SMAUミラノ(イタリア)に初出展
  • オンタリオ商工会議所より2005年イノベーション賞にノミネート
  • リッチモンドヒル商工会議所より最優秀輸出企業賞を受賞
  • 共同設立者とCEOがカナダパイオニア賞にノミネート
  • Starfinder AVLの出荷数10,000台
2006年
  • S911パーソナルロケーターのNASCAR広告キャンペーンを展開
  • PEMEX用のAVLデバイスを落札
  • AVL契約のため大規模なPEMEXプロジェクト
  • CeBITハノーバー、CTIAラスベガス、エキスポ・セグリダード・メキシコに初出展
  • S-911パーソナルロケーターとStarfinder AVLがTelcel Mexicoの認定を受ける
2007年
  • 共同創設者とCEOが、GPSワールド・マガジンで「注目すべき50のリーダー」のひとりに選出
  • S-911パーソナルロケーターがボンバルディア社およびヨーロッパ赤十字に採用される
  • S-911パーソナルロケーターが、車椅子でのキリマンジャロ登頂の追跡記録によりギネス登録
  • 秘密追跡用のS-911 MicroCovertを発売
  • OEMアプリケーション対応SiRF III GPSモジュールを発売
2008年
  • CBSのキャンペーン「アイズ・オン・ザ・ロード」で、ガスの全米最安値を発見するためにS911パーソナルロケーターが使用される
  • CeBITドイツで、初のウェアラブルデバイスとなるS911ブレスレットロケーターを発売
  • CNNで「アメリカの鼓動」にS911ロケーターが特集される
  • G35Lデータロガーの発売
  • 欧州委員会主催MENTOREプロジェクト
  • 南アフリカの誘拐対策キャンペーンに参加
2009年
  • KIA、HundaiエクアドルとStarfinder AVLの複数年間供給契約
  • ライパック・ヨーロッパオフィス閉鎖
2010年
  • ASIS、ATA、インドテレコム、アフリカコムに初出展
  • アルツハイマー患者のためのS911ブレスレットロケータHCバージョンを発売
  • ASIS 2010でS911ブレスレットがトップセキュリティ製品賞を受賞
  • コンパクトで低価格の車両追跡装置、Starfinder Liteを発売
2011年
  • HIMSS、MWCバルセロナ、ソルジャー・エキスポに初出展
  • S911ブレスレットロケーターがヘルシンキのフィンボートで 「ボート・プロダクト・オブ・ザ・イヤー」を受賞
  • GPS防弾チョッキにより兵士を追跡・保護するS911ベストを発売
  • ASIS2011でS911ベストがトップセキュリティ製品賞を受賞
2012年
  • MWCバルセロナに2回目の出展
  • SOSボタンと双方向通信機能を備えた緊急通報システム(mPERS)デバイスとしてS911 Lolaを発売
  • 世界のバーティカル市場でS911 Lolaのプロモーションを展開
  • 新設備に移転
2013年
  • S911 LolaがKPN、Telcel、Orange、Movistarとの事業契約を獲得
  • 製造組立工場を台湾に移転
  • S911ブレスレットSTが自宅軟禁対策プロジェクトを落札
  • S911ブレスレットロケーターが、モスクワ市保健省より自立生活支援プロジェクトを受託
  • アルジェリア、アラブ首長国連邦、カメルーンでの車両追跡プロジェクト
2014年
  • 製品およびサービス提供国が100カ国以上に
  • S911ブレスレットSTが自宅軟禁対策プロジェクトを落札
  • S911 Lolaが、モスクワ市による高齢者ケアプロジェクトを受託
  • エアバスの公共安全プロジェクトを受託
2015年
  • 機器モニタリング専用のIoTモジュールを発売
  • コンパクトなマシンモニタリング装置Starfinder Aireを発売
  • Trimble NavigationよりIoT機器モニタリングプロジェクトを受託
  • サウジアラビアのATM監視プロジェクトを受託
  • インドネシア、メキシコ、アルゼンチンの自宅軟禁対策プロジェクトを受託
  • 家庭内暴力防止のための保全命令ソリューションを発売
2016年
  • 資産監視デバイスStarfinder Kamelを発売
  • エアバス軍用機より優良プロバイダに認定される
  • 機器モニタリングのデバイスとしてLUNA 3G IoTモジュールを発売
  • 複数の革新的な製品コンセプトとアルゴリズムの特許出願
  • オンタリオ州ウィン首相の日韓訪問使節団に参加
2017年
  • ビッグデータ解析のためのリアルタイム位置情報を提供する「ダイナミック・クラウド・マネジメントシステム」の開発のためライアソン大学とパートナーシップ締結。大群衆の中にいる人々の安全確保にライパックの最新ウェアラブルデバイスの活用をめざす
  • 新しい緊急通報システム(mPERS)S911 Lola S 3Gの発売を発表(製品リリース予定:2017年秋)。
  • アンドロイドプラットフォーム搭載3G/4G対応緊急通報システム(mPERS)Lookスマートウォッチの発売を発表(製品リリース予定: 2017年冬)。
  • 家畜追跡の専用デバイスKimbaTagのリリースを発表。新デバイスのコンセプトは、自己給電テクノロジーを搭載したイヤータグで、農業業界に家畜の追跡と管理ツールを提供するというもの。KimbaTagは、家畜の病気や授精時の体温上昇など検出する機能が搭載されています。(製品リリース予定日:2017年冬)
  • Jetplugのリリースを発表。 JetplugはIoTとの相互通信が可能なスマートアダプタプラグで、盗難から機器を守るほか、リアルタイムで停電アラートを通知します。(製品リリース予定日: 2017年冬)